口元のしわについて

乾燥としわの原因を一緒にしてはいけない?

当サイトのTOPページで、
お肌の乾燥としわを一緒にしてはいけないとお話しました。

 

まず根本的なお話をすると、
お肌の乾燥は角質のトラブル、しわは真皮のトラブルです。
つまり、原因になるところの場所が違うのです。

 

よくお肌が乾燥しているからシワになるので、
化粧水や美容液でお肌を保湿させればよいといいます。

 

しかし、考えてみて下さい。
化粧品や美容液でお肌を保湿できるのは、角質層までです。
そこをどんなに保湿させても、肝心な真皮まで
届かないので意味はありません。

 

そもそも保湿しただけで、しわが改善できるなら、
しわで悩む方は誰もいません。

 

例えば、しわしわのおばあちゃんに保湿しても、
しわは改善できないのと一緒です。

 

おばあちゃんのお肌にしわが出来るのは、
加齢で、真皮のコラーゲンが減少しているからで、
そこでどんな化粧品を使っても意味はありません。

 

理由は別のページでお話したように、
化粧品や飲むコラーゲンなどでは、
体内のコラーゲンは増やせないからです。

 

あくまでも化粧品での保湿はこれ以上、
肌トラブルをひどくしないための予防です。

 

子供頃、風邪をひかないように、
外から帰ってきたら、手洗い、うがいをするように言われましたが、
それと同じです。

 

ただ、化粧品と手洗い、うがいと違うのは、
化粧品の方が予防力が高いことです。

 

しわになるのは、遺伝的な肌質もありますが、
そうでないなら、しっかりと正しいスキンケアをすれば、
人並み以上にしわがひどくなることはありません。

 

多くの方はどこかでスキンケアに手をぬいているので、
肌トラブルが起きます。

 

また、そのほかにもしわにならないためには、
睡眠、バランスの良い食事、適度な運動なども必要です。

 

とにかく、お肌が乾燥しているから、
しわになっていると勘違いするのは危険です。